redmi note 10 proカメラレビュー マクロ撮影が楽しい! iphoneとも比較【マクロ編】

redmi note 10 proカメラレビューアイキャッチ画像 ガジェット

redmi note 10 proが色んなサイトでAndroidスマートフォン売上1位になっていて気になっているけどカメラ性能はどうなんだろう。

よっぴー
よっぴー

redmi note10 proを購入してカメラ撮影を楽しんでいます。今回はその中でも一番楽しめたマクロ撮影に焦点を当てて紹介します。みんな大好きiphone12miniとの撮影結果の比較もありますよ。

redmi note 10 proは34,800円で購入できますが、果たして10万円は軽く超えるiphone12 miniと比較してカメラの性能はどうなのか気になっている方が多いと思います。
実際に管理人が比較を行いましたので、この記事を見ていただければ参考になりますよ。

 

動画撮影に興味がなく写真撮影が好きな方には超おすすめ

結論を先にお伝えすると、redmi note 10 proを購入して実際に1phone12 miniと撮り比べをした結果、動画撮影については完全にiphoneには勝てませんが、写真撮影についてはiphoneより優れている部分が多いです。

1億800万画素で撮影できると紹介されていて、そこに注目を凄く浴びていますが、もちろんそれも凄いことで良いのですが、管理人的にはマクロ撮影できるのが、凄い楽しいです!

実際に作例を用意していますので、是非ご覧ください。

 

redmi note10 proとiphone12 mini作例比較

2機種とも全てオート撮影です、超広角もオートで撮影。
redmi note 10 proのみスーパーマクロモードを使用。

風景撮影作例

あいにく雨上がりとなっております。
まずは広角撮影です。

三宮の風景(redmi note 10 proで撮影)redmi note 10 pro

三宮の風景(iphone12miniで撮影)iphone12 mini

次は同じ位置から超広角撮影を行いました。

三宮の風景(redmi note 10 proで撮影)redmi note 10 pro

三宮の風景(iphone12miniで撮影)iphone12 mini

はっきりと色味に差が出ていますねー!面白いです。実際の色味に関しては、この日は大雨が振った後に撮影し曇り空でしたので、redmi note 10 proの方ですかね。少し暗い感じはしますが、おおむねこのような色味でした。

iphoneは明るいですねー画像処理で明るく見せているんだと思います。

超広角はiphoneの方が少々広く写せていますね。旅行等で少しでも風景を入れる用途ならiphoneの方が良いと思います。

両機の色味の差はあれど描写力に関しては、大きな差がないように思います。

フード撮影作例

redmi note 10 proのカメラは撮影すると青みが出る感じで、少し美味しそうに見えないかもしれません。

おにぎらず(redmi note 10 pro)redmi note 10 pro

おにぎらず(iphone12mini)iphone12 mini

牛カツ(redmi note 10 pro)redmi note 10 pro

牛カツ(iphone12mini)iphone12 mini

フードの写真です。
おにぎらずと牛カツの写真ですが、iphone12 miniに比べてredmi note 10 proは一段階暗い写真に仕上がるのと、青みが強いためフードに関してはiphoneの方が美味しそうに撮影できていますね。

おにぎらずの具の色もiphoneはカラフルに表現できています。
牛カツの衣に関しては両機きちんと描写できているのではないでしょうか。

 

マクロ撮影作例

まずは標準カメラで撮影。

花(redmi note 10 pro)redmi note 10 pro

花(iphone12mini)iphone12 mini

両機とも綺麗に写せていますねーやはりiphoneの方が一段階明るい感じがします。

花(redmi note 10 pro)redmi note 10 pro

花(iphone12mini)iphone12 mini

いかがでしょうか?このマクロ撮影がredmi note 10 proの本領が発揮されるところだと思っていて花の中心部分が綺麗に撮影できています。
iphoneで同じような位置から撮影をするとピントが合わずにボヤけた写真になってしまいます。
他にも何点か作例をあげますね。

この下の写真2つは両方ともredmi note 10 proで撮影したものです。

葉っぱ(redmi note 10 pro)

葉っぱの上の水滴(redmi note 10 pro)

葉っぱの上の水滴をマクロ撮影してみました。
雨上がりの後の葉っぱの上の水滴もピントが合って見事描写していますね。

この下の写真2枚もredmi note 10 proで撮影したものです。

花(redmi note 10 pro)

花(redmi note 10 pro)

花のおしべとめしべの細かい描写もバッチリです!
うん!マクロ撮影楽しくないですか?!

redmi note 10 proの本領を発揮できるのはマクロ撮影だと管理人は断言します。
このマクロが撮影できるという点に関しては、iphone12 miniより優れているとはっきり言えますね!

 

redmi note 10 pro カメラ設定

各種撮影をする際の設定や便利な設定の紹介をしたいと思います。

スーパーマクロ撮影の方法

まずは、スーパーマクロの撮影方法になります。

redmi note 10 pro ホーム画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

こちらの操作をしていただくことで上で見ていただいた、水滴のアップの写真やお花のおしべや雌蕊の撮影のほか、虫のアップ写真なども楽しめると思いますよ!

redmi note 10 pro カメラアプリの便利な設定方法

続いてカメラアプリの便利な設定の方法を紹介します。
上のようにホーム画面でカメラアプリのアイコンをタップしていただいた後からの説明になります。

redmi note 10 pro カメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ画面

redmi note 10 proカメラアプリ

いかがでしょうか。
カメラアプリを立ち上げた際に、最初から自分が欲しい機能をすぐに選択できるようにカスタマイズができます。
iphoneでは、このように順番や機能を入れ替えたりはできないので、redmi note 10 proのカメラアプリの機能はすごく良いな!と思いました。

 

現在OCN モバイル ONEがキャンペーン開催中 10300円(税込)〜

管理人は34,800円(税込)で購入しましたが、5月25日までOCNモバイルONEが、redmi note 10 proの取り扱い開始を記念したキャンペーンを開催しています。

MNPと端末購入とセットで音声通話SIMの開通が条件となりますが、通常34,800円(税込)のredmi note 10 proが10,300円(税込)になります!

はっきり言ってお得すぎると思います。
是非この機会にゲットしましょう!

OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!

まとめ

redmi note10 proのカメラを主にマクロ撮影にフォーカスして紹介しました。
管理人的には、3万円程度で購入できるredmi note 10 proのカメラアプリの機能や描写力が10万円を超えるiphone12 miniのカメラアプリの描写力に近いレベルであったり、優れている部分があるのが印象的でしたし、マクロ撮影や細かい設定の方法では、iphoneより優れていると言って良いのではないかと思いました。

  • 動画撮影にあまり興味がなく、写真撮影の方が好きな方
  • 小さいものや物撮り、虫や花の撮影が好きな方
  • カメラアプリの機能のカスタマイズをしたい方
  • そこそこの価格でそこそこの機能を持ったスマホが欲しい方
  • iphoneは高すぎると思う方

上記のような方には、間違いなくredmi note 10 proはおすすめですよ!

 

よっぴー
よっぴー

この記事があなたのお役に少しでも役立てたなら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました